スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ブログ





もうひとつのにはしのたはこと


























スポンサーサイト
2016-12-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

辞書から 9

その3「場所」

②居る所。席。  例:「場所をあける・場所をとる」


・人の居場所

個人に限らず集団においても人間は無意識に居場所を誇示し、刻印を記そうとする。
それは地名がある事に表れている。
人間は混沌とした環境から特色を読み取り、地域や場所に名称を付けることによってよりどころを見出してきた。
それが実存する場所に対しての多様な関係と経験や追憶に基づく結びつきの形成へとつながる。
だから人間に住まわれた場所では名称を持たないものはない。
これは自らの居場所に愛着を持とうとする人間の根源的な欲求ではないだろうか。
「居る所」が場所なのであれば人間と場所は一体であり、切り離して考えることはできない。
自分があけた席は自分の席ではなくなるが、自分の居る場所は誰かの場所とは違う自分の場所である。
世界の中での自らの存在は唯一無二の固有のもので誰もが共通して持ち合わせている。
つまり、人間が場所なのだ。

つづく









2015-02-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

辞書から 8

その3「場所」

①何かが、その上・にある(で行われる)と認められる広がり。
  例: 「時と場所・場所を踏む(=経験を積む)・君、それは場所が違う(=それを言うべき場合ではないよ)」

・「何か」が存在していることが前提。
・「何か」の下方である。
・「何か」を認識する第三者がある。
・「何か」そのものよりも大きい。

何かが ・にある に加えて(で行われる)とあることから「何か」とは物だけではなく行為も意味することがわかる。
そして、それを認識する第三者があってはじめて場所として成立する。
例:「時と場所」は言いかえてみれば「その時の状況」であり、さらには「ある出来事」だといえる。
「場所を踏む(=経験を積む)」は 繰り返される出来事、
「君、それは場所が違う(=それを言うべき場合ではないよ)」は 好ましくない出来事の認識 と捉える事ができる。
行為に限らず、物がある というのもひとつの出来事であり、仮に物がなくても無いという出来事を認識している。
「何か」とはある位置が経験する物事を表す。
そして、その外側の不明確な範囲が「広がり」であり、それ自体は地理を持たない。
第三者による「何か」の認識がない限り、「広がり」だけでは大きすぎて何処なのかはわからないのだ。
つまり「場所」として位置を特定することができるのは、そこで起こる出来事を含めた物事の実態によるものだといえる。

つづく









2015-02-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

辞書から 7

国語辞典から「庭」と「園」について考えてみると、それぞれ性格を持った場所であることが分かった。
では、場所とは何だろうか。

その3「場所」

(国語辞典によると)
①何かが、その上・にある(で行われる)と認められる広がり。
  例: 「時と場所・場所を踏む(=経験を積む)・君、それは場所が違う(=それを言うべき場合ではないよ)」
②居る所。席。  例:「場所をあける・場所をとる」
③すもうを興業する・所(期間)。  例:「場所入り・夏場所」

つづく









2015-02-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

辞書から 6

「園(その)」
②場所。  例:「学びの園(=学園・学校)」

・(言いかえているということは)特定の位置と用途がある。

例に挙げられているように学校のことを「学びの園」としているのは「庭」の③[・・雅語的表現]と似ている。
しかし、それとの違いは客観的に捉えることができるという事ではないだろうか。
「庭」がある人だけにとっての主観的存在だったのに対して、具体的な用途があればそこは自他ともに認める「園」となる。
「学園・学校」は学ぶことに専念できるようにつくられ、そこは安全を確保された空間となっている。
「保育園や幼稚園」を挙げても同様に考えられる。
さらにそれは有害なものを除外するために区切り、土や花を育む人がいる①とも精通している。
つまり「園」とは 「危険を排除した中で人々の営みが平和に行われる場所」 だと言える。

つづく









2015-01-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

さくらいやすとし

Author:さくらいやすとし
櫻井靖敏
サクライヤストシ
Yasutoshi Sakurai

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。