スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

エンジニア

本当は「いい天気」「悪い天気」なんてない。
人の都合によって天候が変わることはないが、感情によって区別される。
可愛い花、きれいな緑なんて最初からない。
植物は自然そのものなのであり、その活動にきれいも汚いもない。
同様に美しい庭なんてどこにもない。
なにかを施された場所においてはすべてが捏造であるから場所が美しいことがあるはずがない。
あるとすれば目の前の現象を美しくしてしまう人の心と感情ではないだろうか。
自然を愛でる心を持っているのは善良な人であり、庭師にとって大切な施主である。
庭師の役割は美しい庭をつくることではなく、美しい心に応える単なるエンジニアなのだ。
捏造の過ぎた展示物を庭としてしまうのは施主に対して失礼に値する。
だから善良で心優しい施主のため、場所をただ整えることに努めるべきだ。
スポンサーサイト
2012-03-31 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

植栽

樹を植える際に元気に育ってくれるように施すことがいくつかある。
堆肥を混ぜた土壌改良や保水排水機能の調整、窒素リン酸カリウムの主要成分の施肥など。
いずれにしても特別な生長を望まなくても、枯れない事を当然とした状況をつくりたいと願う。
しかしそれは意外と安易なことではなく、容赦なく色んな結果をもたらすものである。
そんなときには自責の念に駆られたりもするが、生きるも死ぬも自然の持つ力なのだと事実を見据える勇気が必要だ。
何を施しても枯れる場合もあるし、何もしなくても根付くこともあるのかもしれない。
職人とはいえ、対自然であれば人のやる事なんて大したことではないのである。
それなのにいちいち喜んだり悲しんだりするようでは、僕はまだまだ修行が足りないという事は明白だ。
2012-03-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

手段と目的

工事をする現場は完成を目指す事を意識するのは当然であるが、
その行為そのものを堪能できることが魅力なのだ。・・とすると、
目的は完成で工事はそのための手段 というのは覆ることになる。
僕の仕事は出来上がる事を手段とし、与えられた場所を触る事、それ自体が目的といえるのかもしれない。
造園は作り置きして売れるものではなく、施主からの依頼を受けてからはじまる職能である。
出来上がったその場所も、そこで流れる時間も、もちろん施主のものであって僕の庭とはならない。
しかしわずかな時間ではあるが、着工から完了までの工事現場は僕やスタッフが遊ぶ庭なのだ。
だから完成は僕たちが遊び場を失うことを意味している。
僕たちが遊んだその庭がお施主さんにとって色んな想いを馳せる場所になれば幸いだ。

2012-03-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

事業主

確定申告のこの時期、見たくもない数字がいろいろと明らかになるが、
すべてを税理士さんにお任せしているのでとても助かっている。
うちの税理士さんはとても優秀なのだ。
節税は勧めないし、経営戦略などのアドバイスもしない。
それに売り上げ目標など余計なことはいっさい口を出さずにいてくれる。
ただありのままを出すだけ というのは誠実な仕事だと思う。
そのおかげで僕はお金に無頓着なまま一介の職人でいられるのだ。

2012-03-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あした

今日も一日が当たり前に終わり、明日の仕事の予定を考える。
今日があったのは昨日があったからだ。
昨日は過去、明日は未来である。
過去にあったことはわかるが、未来のことはわからないのに明日のことを考えているのはなんだか不思議だ。
明日へは行くのだろうか、それとも明日がやって来るのだろうか。
その答えは間違いなく後者であり、あたかも自分の意思で未来へ行くかのように明日の予定を立てる僕はなかなか欲の深い人間だ。
いずれにしても明日が来ればそれだけで幸せなのだ。
2012-03-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

無名性


造園は場の仕事だ。
場所の在り様であり、見え様を飾ることではない。
出会うべきは可視化できるモノではなく、洗練された素朴なコトなのだ。
そのためにanonymousでいこう。
無論、つくらないをつくる。ということに尽きる。
2012-03-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

版築

Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3 + H2O
明日から久しぶりにやる。
なかなかの量なので想像するだけで筋肉痛だ。
2012-03-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

さくらいやすとし

Author:さくらいやすとし
櫻井靖敏
サクライヤストシ
Yasutoshi Sakurai

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。