スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

加害者

例えば友達の家が耐震設計されていない建物であったとして。
それでも彼らが幸せにくらしているので僕はその暮らしぶりが羨ましくて自分も家が欲しいと思う。
ところがある日、地震で倒れて火事になり友達は大きな被害を受ける。とする。
ご近所やご親戚にも迷惑をかけているのを見てしまったが、それでも僕は同じような家に住むだろうか。
危険な建物なのだと知りながら住んでいれば、もし地震で倒れて火事を起こしたら自分の家だとしても僕は被害者ではなく、加害者になるのだ。
色んな人に損害や迷惑をかけ得る事は可哀想な友達の一件でよく分かった。
福井県の人は福島県で事故があったことを知らないのだろうか。
次にもしもの事があれば福井県は被害者ではないのに。
スポンサーサイト
2012-06-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

樹と水の妙

水と植物について考えると奇妙な事に気が付く。
樹にとって水はもっとも重要ではあるが、樹に水を吸う力があるわけではないのだ。
土の中で水分張力によって上昇移動した水は養分が溶け込んだ土壌溶液となる。
溶液の濃度差により滲透圧が働いて、薄い土壌溶液は濃い溶液をもつ根の細胞内へ移る。
道管という根から葉までの水の通り道では柱状に水が吸い上げられていて途切れない。
それは水の分子の凝集力が強いからであるが、水を引っ張る力は大気によるものなのだ。
土から根へ樹の体を通して葉から大気へと水分が放出しているのは水蒸気圧の差なのである。
樹の根が水を吸い取っていると錯覚しがちであるが、樹の体を通って水の方が移動している といえる。
そう考えて樹を眺めるとその背景に大地と大空を同時に感じることができてとても面白い。
2012-06-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

水の旅

雨は空から降り落ちてくる。
地面の高いところから低いところへと流れ集まり、やがて川へ行き海へと旅をする。
目で見ることのできる水を少し想像をするだけで楽しくなるものだ。
ところが見えない水分についてはなかなか難しい。
土壌中の水分は重力に抗して10m以上も上昇する。
湿ったところから乾いたところへ毛管移動するというのだから「滲み上がる」感じだろう。
水分張力と呼ぶその力によって湿った土は空気中に水を放出し、逆に乾いた土は空気中の水分をも吸収する。
目に見えない水分は見える水とは違う動きをしているといえる。
少しでも水になったつもりで地中から大気中へ空高く旅をする想像ができるとまたさらに面白い。
2012-06-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

さくらいやすとし

Author:さくらいやすとし
櫻井靖敏
サクライヤストシ
Yasutoshi Sakurai

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。