スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

テディベア

テディベアはよく知られたクマのぬいぐるみ。
以前、「美の壺」という番組で紹介されたていた。
その中で、初めて作られてから100年以上も長く愛されている所以が説かれていた。
1つめは野生の熊の骨格に忠実に作られているということ。
2つめに手触りを大切に考え高級なモヘアを使っていること。
3つめは笑っても泣いてもいない無表情を追求したこと。
正直なところ、たかがぬいぐるみがそんなに整然と作られているとは思いもせず驚いてしまった。
偏った脚色のない忠実な形は素朴でありながら誠実である。
それに眺めて見るために飾るものではなく触る度に自分の心境を投影できる親近感は無表情だからこそ。
持ち主はその時々の気持ちを共有できる喜びを得るのだろう。
僕にぬいぐるみの趣味はないが、なんだか尊敬してしまう。
スポンサーサイト
2012-05-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

さくらいやすとし

Author:さくらいやすとし
櫻井靖敏
サクライヤストシ
Yasutoshi Sakurai

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。