スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

辞書から 5

ひきつづき国語辞典をひいてみる。

その2 「園」

「園」(その)   
①花などを植える、一区切りの・地面。
②場所。 例:「学びの園(=学園・学校)」

①について考えてみる。
・ただの地面ではなく、花のための肥えた土がある。
・区切りがあるということは何かに囲われている。
・用途が明確。

これだけでまるで花壇のことを表しているようだ。
確かに部首の くにがまえ は周囲をぐるりと囲んださまを示す。
そして、中の「袁」は [ゆったりした衣服] を意味する。
という事は、囲まれた中に人がいる様子であるといえる。
しかし、花壇そのものを表すのであれば くにがまえ に草花を表す部首があればよい。
ところがただの人ではないところが面白い。
くにがまえ に「人」の場合は罪人がいる「囚」であるのに対して大きな違いだ。
花を植えるのは人であり、そのための肥えた土をつくるのも人の力によるものである。
有害なものを寄せ付けないように仕切られた区画の中で人が楽しく土を触るさまが垣間見える一文字だ。

つづく














スポンサーサイト
2015-01-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

さくらいやすとし

Author:さくらいやすとし
櫻井靖敏
サクライヤストシ
Yasutoshi Sakurai

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。